Top > ソフトコンタクトと使い捨てレンズ

ソフトコンタクトと使い捨てレンズ

ソフトコンタクトは、含水性の柔らかい素材のため使い心地は快適ですが、欠点もあります。
ソフトコンタクトは装用感がいいがゆえに、レンズの洗浄や消毒といったレンズケアをつい怠ってしまったり長時間装用するなどして、目に障害を起こしてしまうケースが多く見られます。
ソフトコンタクトは細菌が発生しやすいため、洗浄・消毒を定期的に欠かさず行わないといけません。ソフトコンタクトの難点は手入れが面倒なところといえます。
ソフトコンタクトのこの手入れの面倒さをカバーした、「使い捨てレンズ」というのが出ています。レンズケアを全く行わず、一日あるいは一週間で使い捨てするタイプとレンズケアを行って2週間~3カ月で交換するタイプとありますが、日本の場合は使用後破棄する「使い捨て」が主流です。
ソフトコンタクトの使い捨てレンズは、レンズに目から分泌されるたんぱく質などの汚れがたまってしまう前に破棄し、新しいレンズと交換するため、目の衛生上大変有効なものです。しかし、逆に指定された使用方法を遵守しないと、目には大変負担がかかるので、注意して使うようにしましょう。

 

 美容整形  防災・震災  育毛・増毛  キャッシング
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
コンタクトレンズについて(2009年5月27日)
カラーコンタクト(2009年5月27日)
使い捨てコンタクト(2009年5月27日)
ハードコンタクト(2009年5月27日)
ソフトコンタクトの特徴(2009年5月27日)